トイレの水漏れと水道修理の方法

トイレは狭い空間ですが、家の中でももっとも重要性の高い場所です。ひとつしかトイレがない場合には、使えなくなると生活すること自体ができなくなってしまいます。トイレのトラブルの多くは自分で直すことは難しいため、出来るだけ早く水道修理業者に依頼して解決することが大切です。急なトラブルにあわてず対処できるよう、日頃から信頼できる水道修理業者の心当たりをつけておくのもよいでしょう。

■トイレは水漏れが起こりやすい

トイレの水道管と止水栓、タンクとの接合部分は、パッキンの劣化やナットのゆるみによる水漏れが起こりやすい部分です。それぞれの接合部分から水が漏れることもあります。手洗い管や便器内に水が流れ続けるときは、タンク内の部品の位置がずれていたり、劣化している可能性が高いです。また、節水のためにタンクの中に水を入れたペットボトルを沈めたり、トイレを常に清潔に保つためにタンク内に洗剤を入れているご家庭もあるでしょう。こうしたものがタンク内で部品にぶつかり、水漏れの原因となることもあります。
床に水が溜まっている場合は、水漏れではなく結露が原因のことも少なくありませんので、結露がないかどうか確認してみましょう。便器にヒビが入っていたり床下から水がにじみ出ている場合には、トイレ交換も視野に入れる必要が出てきます。ウォシュレットのノズル、本体との接合部分も水漏れが起きやすい場所です。ウォシュレット 水漏れを見つけたらすぐに使用を止め、漏電を防ぐために電源プラグを抜いておきましょう。

■トイレ水漏れを解決する2つの方法

トイレのトラブルを解決する方法には、修理と交換の2種類があります。修理の場合はこれまで使っていた便器をそのまま使うため、早く安く直せることがメリットです。トイレの交換は修理に比べ費用はかかりますが、すべての部品が新調されるのでトラブルの原因を一気に取り除くことができます。
トイレの寿命は一般的に15年から20年程度、ウォシュレット機能付きの場合にはさらに短く7年から10年だと言われています。
設置から10年以上経過すると、トラブル発生のリスクが高まる一方で、部品などは手に入りにくくなるのが現実です。近頃は節水機能や自動洗浄機能など高機能なトイレが次々と登場しており、トイレ交換により水道代や電気代はもちろん、掃除の手間も減らせるようになりました。トイレのトラブルはもちろんウォシュレット 水漏れの場合でも、設置からの年数によっては、全体を交換することも検討してみましょう。

■まとめ
トイレは水回りの中でも特に水漏れの起こりやすい場所のひとつです。手洗い場や便器の中など水が出る部分があるのはもちろん、タンクには自動的に水をためる機能が備わっているため、漏れやすい条件が揃っています。トイレタンクの中は非常にデリケートなため、中に物を入れるとトラブルの原因になるため注意が必要です。また、便器のひび割れなどは便器の交換が必要となる場合もあります。長く利用していてトラブルが見られた場合は、交換も視野に入れて修理を検討しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ