水道蛇口の水漏れは修理、交換で対応

吐水口はもちろんレバーやハンドルの下、取り付け部分など蛇口周りにはトラブルの起こりやすい場所がたくさんあります。水を使っていないときに漏れている場合は比較的気づきやすいのに対し、水を使っている最中に漏れるケースでは発見が遅れることも少なくありません。水を使うときは吐水口だけでなく周りの部分にも目を配ることが大切です。

■蛇口の種類と水漏れしやすい箇所

家庭で使われている水道蛇口のほとんどは、シングルレバー混合水栓かハンドル混合水栓のどちらかです。
シングルレバー混合水栓とは、ひとつのレバーを上下左右に動かすことで水やお湯を出したり温度や量を調節するタイプです。使っていなくても吐水口から水がぽたぽた漏れるケースのほか、使っているときにレバーの下やスパウトまわりから水が漏れることもあります。水漏れのほとんどはバルブカートリッジと呼ばれる部品の劣化が原因です。
レバーがひとつしかないシングルレバー混合水栓に対し、ハンドル混合水栓とは水とお湯をそれぞれ別のハンドルで操作する蛇口です。吐水口やハンドルの下のほか、パイプの付け根や取り付け部分から水が漏れることもあります。水漏れの多くはパッキンの不具合が原因です。
どちらも水漏れは部品の劣化が原因のため、部品を交換すれば直すことができます。パッキンやバルブカートリッジはホームセンターなどでも手に入るので、工具があれば自分でも修理可能です。工具がない場合や自信がないときは水道修理業者に依頼しましょう。
本体と部品の寿命は10年程度だと言われており、部品が劣化しているのであれば本体も劣化していることが考えられます。設置から10年以上経っている場合には、部品が手に入らないことも少なくありません。本体が古くなっているときは蛇口 交換の検討をおすすめします。

■メリットの大きい蛇口 交換

蛇口 交換には水漏れの解決や今後起こるトラブルを防ぐだけでなく、節水や電気、ガス代の節約などの効果も期待できます。
お風呂場はもちろん、最近では台所や洗面台にもシャワーが使えるタイプの蛇口が増えてきました。中には水滴に空気を含ませることで節水できるものがあり、大量の水を使うお風呂場のシャワーヘッドを交換すれば水道料金の大幅な節約につながります。シャワーヘッドの手元に水を出し止めできるボタンがついているものならさらに効果的です。
お湯を使う場合には水道代だけでなく電気やガス代も気になるところです。シングルレバー混合水栓の中には、お湯と水を使い分けられるタイプも登場しており、お湯の無駄遣いをなくすことで節約につながります。

■まとめ
ハンドル混合水栓をシングルレバー混合水栓に変えるだけでも、利便性は格段にアップします。水道修理業者に依頼すれば、蛇口 交換は非常に簡単です。最新式に交換すれば、ランニングコストも削減できます。水漏れなどのトラブルを機会に、蛇口 交換を行うのもよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ