台所は給湯器に注意!水道修理のポイント

台所には蛇口以外にも排水トラップ、排水ホースや配管など水のトラブルが起きやすい場所が揃っています。台所には給湯器のリモコンが設置されていますが、屋外の給湯器も水漏れの起きやすい場所のひとつです。給湯器には水だけでなくガスや電気が使われており、トラブルが発生すれば被害が大きくなる可能性もあります。屋外の給湯器についても日頃から確認しておくことが大切です。

■シンク下、台所床の水漏れを解決するには

台所の排水口の下には排水トラップと呼ばれる部分があり、食べかすが流れないようにするためのゴミ受けが設置されています。排水口から流された水は排水トラップに入り、トラップにつながれている排水ホースを通って排水管へと流されるのです。排水トラップやホースからの水漏れは、シンク下の扉を開けると確認できます。
台所の床に水が漏れている場合には、まず排水トラップと排水ホース、床下の排水管にあるそれぞれの接合部分から水が漏れていないかどうか確認します。排水ホースが抜けている場合には、正しい位置に戻せば大丈夫です。排水ホースの途中から水が漏れているときは、ホース自体を交換する必要も出てきます。水漏れが見つかったら応急処置をし、すぐに水道修理業者を呼びましょう。

■給湯器の水漏れはサビに注意

給湯器 水漏れの多くは内部に使われているゴム製の部品の劣化が原因で起こります。給湯器内部から水が漏れている場合には、水道修理業者に確認と部品交換を依頼しなければなりません。
また、蛇口から出るお湯の温度が上がらない、安定しない場合には、給湯器が故障している可能性があります。台所のお湯がぬるいと感じたら、お風呂場や洗面台のお湯もチェックしてみましょう。家中の蛇口から出るお湯がすべてぬるい場合には、給湯器が原因の可能性が高いです。いずれの場合も、水道修理業者に相談する必要があります。給湯器の寿命は10年から15年と言われており、10年を過ぎたあたりから部品の入手も難しくなるケースが多いです。修理には部品代だけでなく出張、工事費用もかかります。見積内容によっては、給湯器 交換も検討してみましょう。給湯器の性能は年々進化しており、省エネ性の高い機種に交換すれば、月々の生活費を節約できます。修理と交換のどちらを選ぶかは、ランニングコストを含めて比較する視点を持つことが大切です。

■まとめ
台所のシンク下の排水ホースは水漏れが起きやすい場所です。掃除の際などに定期的に確認をして異常が起きていないか確かめておくと安心です。
また、給湯器からいつもと違う音がしたり、異臭がする、煙が出ているときは点検や修理を依頼したり、給湯器 交換が必要です。水漏れや給湯器に不具合が起きている場合は、さらなるトラブルを防ぐためにもすぐに使用をやめて水道修理業者に連絡しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ